コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーのゴチャゴチャ雑多煮

お笑いとか読書とかゲームとか音楽とかyoutubeとか趣味を語るところ

【ストレンジャー・シングス“未知の世界”】観た。勇気をもらった。

f:id:AK_miso_soup:20220201134530j:plain

 

どうもこんばんわ

 

コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーです

 

絶賛Netflix観まくりキャンペーン中のボクです。今回は【ストレンジャー・シングス“未知の世界”】をシーズン1から3まで一気見したので、その感想を書きたいと思います。

ちょっと話の軸からそれますが、スティーブンキングとかゴーストバスターズの世界観を彷彿とさせる空気感が、シーズン1の冒頭からプンップンします。

 

ここから先はネタバレも含めた感想を書きます。

これからストレンジャーシングス観る予定でネタバレ嫌だよって方は戻ってください。お手数おかけしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

↓以下ネタバレ注意↓

 

 

 

 

 

↓以下ネタバレ注意↓

 

 

 

 

 

↓以下ネタバレ注意↓

 

 

 

 

 

↓以下ネタバレ注意↓

 

 

 

 

 

↓以下ネタバレ注意↓

 

 

 

 

 

ストレンジャーシングスのテーマが未知の世界ってことなんですが、今過ごしている世界と並行して様々な世界が同時進行していて、その中でも気持ち悪いモンスターとかが存在している【腐敗と死の世界】と現世が繋がってしまうというパラレルワールドの話が主軸で展開していきます。

まぁ言ってしまえば、シーズン1の1話で主役の子供達の1人であるウィルが、あっち側の世界に迷い混んでしまって、そこのモンスターから逃げながら、腐敗した空気を吸って息も絶え絶えに死の世界をさまよっている最中、現世では行方不明あつかいになっているので、葬式が行われてしまったり、ある巨大組織から遺体を捏造されてしまったりするのを、主人公の子供達は生存を諦めずに捜索するっていうのが、楽しくて仕方ない!苦しんでるウィルには悪いけど、子供達の冒険譚“ぼうけんたん”が、大人には虚像を追っているように見えて、実は真実だった!っていう展開が大好物なんです!!

ある巨大組織っていうのも肝になってくるんですけどね…。

 

ウィルの生存を諦めていないのは、子供達だけではありません。もう一方で、ウィルの母親も生存を信じて色んなことをしますが、それは現世の人達にとってみたら、息子を喪失したことが引き金となって、とち狂ってる母親にしかみえないっていう歯がゆいシーンも続きます。

 

死の世界ことパラレルワールドでウィルが生きている可能性があることを信じる仲間たちが徐々に増えていき、みんなで力を合わせて頑張るっていうのが、お盆に実家に親戚一同が会して、大人がいるから無敵っていう状態に似ていて、ずっと楽しかったです。

まぁ、ちゃんとウィルも生きててハッピーエンドですしね。←一番のネタバレ

 

個人的にはシーズン1が最高傑作で、あとのシーズン2も3も消化試合という感じです。

シーズン1ではキモいモンスターことデモゴルゴンと事実を隠蔽できるほどの巨大組織という明確な敵がいて、それに立ち向かうというハッキリとした形がある分、観やすくなってるんですけど、シーズン2ではその辺りはフンワリとしています。いや、明確な敵はいるんですけど、倒しきらずに元の世界に戻すだけっていうか、ちゃんとした解決をせずに終わっちゃった気がするんですよね。

 

f:id:AK_miso_soup:20220202032656j:plain

 

さらにシーズン3では、シーズン2で出てきたニョロニョロっぽいヤツの上位互換みたいなのと戦うっていう、THEマンネリ臭がプンプンします。

あとラブシーンが嫌いな訳じゃないんですけど、マイクとエルがキスし過ぎな。あんなに頼り甲斐のあったホッパー署長が、シーズンを進めるに連れて嫉妬心にまみれるダサ坊に退化していくのも見てらんなかったですしね。おじさんがヤキモチやくのとか目も当てられない笑

 

収益も人気もあるから話を長く伸ばすっていうのはよろしくないですよね。もう信者しかついてこない作品化して、そのもの事態が一部から神格化されてしまうっていうのは、非常に危険な状態ですよ。

全くの未視聴者が、シーズン2から観始めても楽しめるっていうのが、最高級のドラマな気がするんですけど、ストレンジャーシングスに関しては、正直、惰性で観進めました。『1,2って観たから3も観よう』って。だって、裏側の世界が現世と繋がることが問題なんだから、裏側の世界をなんとかしてほしいんですよ。あとドロドロした粘液まき散らす系モンスターは飽きました。もうやめとこう…ガチ勢にキレられるの嫌だから…。

それにしても言い過ぎたけどな…(´・ω・`)ショボン

 

上で話したスティーブン・キングっぽさは、エスパーとかサイコキネシスとか超能力を持った少女のエルがメインキャラにいることや、それこそ未知との遭遇という未体験ゾーンと戦う子供達っていうのが、ITとかスタンドバイミーと重なります。

ゴーストバスターズっぽさもシーズン1から感じるので、キャストや監督、脚本などのどこかでゴーストバスターズの制作とダブってるんじゃないかな?と思って、色々とググってみましたが、ストレンジャーシングスの制作サイドとゴーストバスターズの制作で重なるという情報は微塵も出てきませんでした。

しかし、シーズン2のハロウィンでコスプレするシーンで、メインの少年らがゴーストバスターズの仮装をしたことで、当時の制作者は残っていなくとも、意思はしっかりと引き継がれているんだな…と思いました。

 

f:id:AK_miso_soup:20220202031948p:plain

 

主役のマイク役フィン・ウルフハードくんは、こないだやってた新しいITにも出てたし、あさって(2022/02/04※日本)公開される新作のゴーストバスターズにも主要キャラとして出演するみたいですね。やっぱ繋がってるね(’-’*)♪

あとゴーストバスターズの制作が作った未確認生命たとか地球外生命体と戦うことをテーマとした【エボリューション】が、当時は全く奮わなかったんですが、きっとあの制作スタッフ達はストレンジャーシングスみたいなのをつくることが理想だったんだろうなっても思いましたねー。

 

シーズン4が制作中だという情報があり、それで完結させるって言ってるみたいなので、それは一応楽しみに待つとして、2巡はせずに観劇終了とさせて頂きます。

以上で【ストレンジャー・シングス“未知の世界”】の感想を〆たいと思います。

今回も駄文のご清聴ありがとうございました。

 

 

ツイッター

twitter.com

 

ユーチューブ

www.youtube.com

 

 

各種SNSのフォローよろしくお願いしますm(_ _)m

特にユーチューブを重点的にお願いしますm(_ _)m