コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーのゴチャゴチャ雑多煮

お笑いとか読書とかゲームとか音楽とかyoutubeとか趣味を語るところ

感情を包み隠さず表現することに感動したよ。俺はね。

f:id:AK_miso_soup:20220403092137j:plain

 

 

どうもこんばんわ

 

コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーです

 

 

ウィル・スミスが奥さんの病気をネタにされたことに怒って、アカデミー賞授賞式の場で、プレゼンターのコメディアンの頬をはたいたニュースが連日ワイドショーを賑わせていますね。アレを見た時の率直な感想は『カッコいい…』と思いました。だって愛する人の為に、アソコまでなりふり構わず感情的になれるって、素晴らしいことだと思うんです。一旦、暴力の良し悪しは置いといてね…(-_-;)

ボクだったら、ヘラヘラして終わっちゃいそうですもん。もちろん、アカデミー賞授賞式みたいな舞台は夢のまた夢ですが、職場の法人全体で行われる祝賀会みたいなものだったら、充分にあり得る話。その場に彼女も居たとして、司会者にいじられたら「へっ…へへぇっ…」って、情けない顔さらしておしまいですよ。彼女との関係もおしまいかも知れません。

 

一連の出来事に関して、日本の著名なコメディアン達のリアクションも様々でした。

 

明石家さんまさんの場合…

「お互いに芸人同士、俳優同士で、いくぞ!というのはあったと思う(俺が見る限りは)」

「男としてはカッコいいよな」

 

ダウンタウン松ちゃんの場合…

「あの場で一番ツラいのは奥さんよな…」

「俺も同じ立場ならいってるかも」

 

極楽とんぼ加藤さんの場合…

「相手を本当に傷つけちゃダメなんです」

 

皆さん、とても冷静に自身の感覚も入れたコメントをされていて、納得できます。そんな中、ウィル・スミスより強者が現れたとして、こんな記事がツイートされていました。

 

f:id:AK_miso_soup:20220403100101p:plain

 

生徒16人平手打ちって、スクールウォーズ山下真司じゃないんだから…(-_-;)

でも、この記事で言うと山下真司側も大勢から言葉の暴力を受けて、なす術もなかった結果、手が出ちゃったんですね…。こういうのって、どうしたら良いんでしょうね?ひろゆきに聞いてみたいところです。

 

あと日本人は、ツッコミと称して手を出すお笑い(カミナリとか錦鯉みたいなヤツ)がありますが、アメリカ人は、人種差別や肌の色で笑いをとることがあります。

それが分かりやすい動画にされている【Kevin's English Room】が面白いので、ぜひご参照ください。

日本とアメリカの文化の違いを紹介する【Kevin's English Room】

youtube.com

 

まぁなんにせよ、暴力は許されない行為として、ウィル・スミスのアカデミー会員の権利の剥奪が検討されているそうで、本人も泣いて謝ってましたね。

「本当に申し訳ないことをした…」その上で、愛する人を侮辱されることに堪えられなかった…」と。

ボクは簡単に手を出しちゃうような直情てきな人とは、絶対に仲良くなれませんが、それでも自制の効かなかったウィル・スミスの人間らしさには、感心しました。AI社会には理解できない人間味、それはそれで良いなぁと思いましたよ。ボクはね。

 

 

Twitter

twitter.com

 

Youtube

www.youtube.com

 

 

シンプルにチャンネル登録をお願いしますm(_ _)m