コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーのゴチャゴチャ雑多煮

お笑いとか読書とかゲームとか音楽とかyoutubeとか趣味を語るところ

【ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密】もっと流行ってイイと思うんですけど…(´ω`)

 

 

どうもこんばんわ

 

コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーです

 

 

ハリーポッターシリーズをつい最近まで観たことがなかったんですが、別に毛嫌いしていたとか、そういうワケじゃなくて、もう面白いのは分かってるんで、別に急いで観る必要もないと思ってたんです。要は、いつ観たってイイと思っていて、タイミングさえあれば、いつでも観ますよ状態だったんです。

そんな最中、某マッチングアプリで無類のハリーポッター好きの女の子と知り合いました。その子は、ハーマイオニーのような聡明でキュートな女の子と言うよりは、スネイプ先生に似たダーティさと深みを感じる女の子でした。こんなこと言うのは、女の子に失礼ですが、この子を落としたい!という気持ちよりも、なんかサブカルに強そうな子だなぁ~と思いました。なので、映画でも本でもマンガでもYouTuberでも何でもイイから、好きなモノを聴いて、さっさと“姿くらまし”しようと考えました。すると、そのスネイプ先生が薦めてくれたのが、何を隠そうハリーポッターシリーズだったんです。

前述した通り、別にスネイプ先生を落としたくて、話を合わせたいと思ったワケじゃないんですが『嗚呼…頃合いだな…』と思ったボクは、すぐさま全シリーズ鑑賞しました。もちろんファンタビシリーズも全て。

 

あー面白かったよ。そりゃそうでしょ。あんな流行ってんだから、ボクの感想なんて聞くまでもないっしょ。

 

にしてもファンタビシリーズが、あまり評価を獲られていないことには驚きました。ハリーポッターシリーズが好きな人なら、物語が続くことを喜ぶべきだと思うし、新たな世界観の拡がりもできて、良いことしかないはずなのに、なんで?って感じです。ボクがアベンジャーズ:エンドゲーム2部作で燃え尽きたのと同じ症状を発症した人が多かったんでしょうか?

ファンタビシリーズの魔法動物達の個性の強さと魔法使いと人間(マグル)のドラマが織り混ぜられていて、ボクにとっては丁度品。飽きがこない絶妙なバランスで出来上がっている映画だと思いました。

色々と感情の動きが魅せられる作品で、シリーズ通して好きなのは、人間(マグル)のジェイコブ。たぶんボクは3枚目が好きなんですよね。だからこそ、前作では胸がはち切れそうになりました。そんで、今作のダンブルドアの秘密ですよ。控えめに言って、最高でしたね。

ジェイコブは、深刻な空気を変えてくれるムードメーカーというだけではなく、懐の深さと優しさを併せ持っていて、それだけで稀有な存在なんです。ボクは、こっちの世界には五万といるような、なんでもないおじさんが実はキーマンでした…みたいな話が大好物です。だから!最高だったんです!おそらく、根っからのハリーポッターファンなら、沸く場面は他にありますが、ボクはジェイコブが称えられるところで泣きそうになりました。あとラストもね( ;∀;)

 

今作から、悪の親玉“グリンデルバルド”の配役がジョニー・デップから、マッツ・ミケルセンに代わったんです。ネームバリュー的には、正直な話、ジョニー・デップの方が名は売れてる気がするんですが、そこは数々の主役級の敵キャラを演じてきたマッツ・ミケルセン。さすがの演技力とジョニー・デップにも見劣りしない凶々しさ…。俳優が代わってもグリンデルバルトはめちゃくちゃ怖かったよ…。俳優が代わってガッカリするというヤツは皆無でした。遜色ないですね。

 

前置きでも長々と書いたので、説明不要とは思いますが、やっぱりボクにとっては良作。なんで、そこまで話題にならないのか?分からないっていうのが、一番伝えたい感想です。

 

あっそうだ!

ジェシカ・ウィリアムズ可愛かったなー

 

 

以上でーーーす!!!

終わりでーーーす!!!٩( ᐛ )و

 

 

Twitter

twitter.com

 

Youtube

www.youtube.com

 

チャンネル登録お願いしますm(_ _)m