コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーのゴチャゴチャ雑多煮

お笑いとか読書とかゲームとか音楽とかyoutubeとか趣味を語るところ

【名探偵コナン~ハロウィンの花嫁~】うん!エンタメって、こういうことなんだな!

 

 

どうもこんばんわ

 

コンノアツシ@お味噌フィルハーモニーです

 

 

言わずと知れた名探偵コナンの映画シリーズですが、いつの間にか国民的アニメとなっていて、子供とファンだけが観る物と化していたと思うんです。語弊があるやも知れませんが、少なくともボクはそのように認知していました。もう分からないんですよ。安室さんって言う人気キャラがいることも知らなかったし、コナンくんの取り巻き5~6人程度を覚えておけば、十二分に楽しめる時代(単行本で1~2巻くらい)しか知らないもんで、佐藤警部とか高木警部とか言う人達のこと初見なんです。そんな初対面の人達が話の主軸となって活躍していくのとか、それこそ「あれれぇ~」って感じなんすよ。

 

 

でもね。全っ然問題ないね!知らない人がたくさん活躍していようと、コナンくんはコナンくんだし、蘭姉ちゃんは蘭姉ちゃんでした。光彦も光彦でしたしね。

そんな中、意外な人物が漢気満載でした。それは、眠りの小五郎こと、毛利小五郎氏です。予行練習とはいえ、結婚式場になだれ込んできた暴漢達を格闘術で応戦し、封じ込める姿は勇ましかったです。さらに、灰原さんが爆破によって身体ごと吹き飛ばされてしまった時に、大きい道路に飛ばされてしまったところを間髪いれずに助けに行くシーンがあります。そのシーンを観た時も『あの頃の毛利小五郎はどこ行ったん?』って思っちゃいましたね。でも、灰原さんを助けた際に頭を負傷してしまって、搬送された先の病院で、痛みに耐えきれず大暴れする姿にギャグキャラのエッセンスは残っていましたが( ^∀^)

 

っにしても、良かったですぅー!!

めちゃくちゃ良かったァァ!!

 

ボクの名探偵コナンに対する熱量なんて、前述した通りで、高校生の頃(15年くらい前)にチョロッとだけ読んでた想い出で止まってるんですよ。そんなボクでも楽しめた。

というか、そもそもなんで?思い入れの少ない劇場版名探偵コナンを、今さらになって観ようと踏み込んだのかと言うと、“この人の紹介する作品は間違いない!”という人が3人いて、その内の2人が「今回はスゴい!」「面白かった!」と好評していたので、『絶対に劇場で観る!』と思っていました。

その人らが観て面白いと評価しているものは、自分の趣味嗜好に合う合わないを問わず、とりあえず触れてみるという試みを、ここ数年はやっています。まぁ、粗方間違いないですしね(・ω・)ノ

 

何がスゴいのか?って、ここからはボク個人の感想ですけど、色んな感情を引き出されたことです。まず、導入部でコナンくんの決まり文句である「その名も名探偵コナン!」という、第4の壁を超えて、視聴者に呼び掛けてくるシーン。あそこで『サブっ!!』て思っちゃったんです。間髪入れずに今回の真犯人と接触する公安刑事の安室さん。急にシリアスになるので、心の触れ幅が半端じゃないんです。ってか、公安とか出してくるのズルいですよね。堤幸彦監督の【スペック】とかもそうなんですけど、事実をひん曲げる力がある公的な機関って、厨二心くすぐられますよね。そりゃ、こんだけ連載してりゃあ“黒の組織”を追うだけの話じゃなくなってるよね( ̄▽ ̄;)

 

あと戦争戦争で、西側諸国だけではなく、友好国であるはずの中国でさえ、その関係性に関して口ごもり、後方支援の有無の言及を避けられている、全世界の腫れ物みたいな扱いを受けているロシアですが、今回の劇場版名探偵コナンの作中では、ロシア人に助けてもらうシーンが描かれています。ハロウィンの花束に登場するロシア人達は、家族を奪われて泣きもするし、怒りもします。コナンくん達を助ける時は、笑いもします。それを観た時、自然と目から涙がにじみましたね。おそらく制作期間とか考えたら、戦争以前に作られた物ではあるんですけど、全てを憎むことは本質からずれるなぁ~と思いましたね。国単位で他人を評価しちゃいけないのよ。個人個人を見なくちゃ。それに戦争を起こしたロシアが悪いのかね?なんでロシアが戦争を起こしたんかね?こんなに心優しい人がロシアにだっているのに、なんでこんな世の中になってるのかね?

 

ね?泣けてきません?

 

とどめのBUMP OF CHICKENね。泣かされるなんて思ってもみませんでしたよ。現実的に観たら壮大なスケールで描かれている部分と、アニメじゃなきゃ出来ない、言い方悪いけどアホみたいなツッコミどころ満載の規格外の部分。EDの映像が、今までのストーリーで出てきた場所の実写だったりCGだったりして、アニメ部ばかりじゃなく、飽きさせないよう工夫されてるんすよね。ちょっとやりすぎくらいの方がイイんだろーな。きっと。

色んな側面が表に見える【名探偵コナン~ハロウィンの花束~】は、紛れもなく名作!今年入ってから観たり触れたりしたエンタメ全般の中でも、かなりの上位に食い込む作品だと思います。

 

以上でーーーす!!!

終わりでーーーす!!!

 

 

Twitter

twitter.com

 

Youtube

www.youtube.com

 

チャンネル登録お願いしますm(_ _)m